FC2ブログ

ノックエア@FC2

とあるカラスの邁進記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

Twitterとか言葉とか。

高3刺殺「約束守らなかった」
http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=888289&media_id=2

なんでか、エヴァンゲリオンでトウジがシンジ殴ってるシーン思いうかべました。
余程の怨みでもあったんですかね。その約束って。
毎度のことですが、決め付けではなく慎重に要素を見極めるべきだ。

ともあれ、お悔やみ申し上げます。


で、RSSチェックです。
こっちは死んでないけど悲惨な話とかについて徒然話してこうかと。

レイプなんてやった奴が悪くて、それ以上でもそれ以下でもない

「レイプ」っていう事象は悪いことなんだよ。背景は関係なくて悪いことなんだよ。それ以上でもそれ以下でもないんだ。
答は簡単なんだよ。その男が犯さないければこんなことは起きなかったんだよ。目の前に泥酔してる女がいようが、目の前に真っ裸の女が手招きしていようが、目の前で女がオナニーを初めてはやくーっていわれようが、犯すか犯さないかの一番の選択権は男にあるんだよ。


少しアンフェア感が残るのですが、以上でも以下でもないという視点は大事だと思った。

でも、女性に手を出しづらい感じとして、一種の罪悪感と妙な警戒心(妙なプライドといい代えてもいいのかもしれない)ってないもんですかね?そこが一線みたいな。

ただ、この話を聞いてて思うのが、
レイプなのか単なるセックスなのかという問題に対して非常にグレーなところがある気がします。そこの線引きってなんなのか。音声でもとっておきますか?
裸の付き合いなのに戦ですね。それも第二次大戦あたりの塹壕戦みたいな。
いちいろあたりがこの辺は非常にきれいに語ってくれそうな気がするんですが、
どんなもんでしょ?

ちなみにこのレイプの時はどうなるんだろうね。
やったほうがわるいの?ばかなの?しぬの?w
言葉って面白いし難しい。


行きたいなぁ
どっかで時間作れないもんですかね。
明日ちょっと待ってもらっていってこようかな。

成功したTwitterと失敗したRSSCommentsAdd Star
僕としてはTwitterは情報の発信に向いているツールではないと思う。140文字という制限や表現できるデザインの制限とかTwitterには制限が多すぎるのがその理由。現にTwitterをブログの更新を発信するツールとしてのみ使用している人もいるみたいだし、二次的な情報の発信というには使いやすいと思うんだけど、きちんとした情報を発信したい人にはTwitterという情報ツールは弱すぎるんだよね。つぶやきだけのゆるーいコミュニケーションとして使いたい人にはまだまだ利用の価値はあるのかもしれないけど、GoogleWaveっていうあらたなコミュニケーションツールも出てきそうだし、Twitterは今が頭打ちでこれから廃れていくんじゃないかなぁって思ってる。


140字という制限に対しては確かにそのような思いを抱くことがあるのだけど、
それは情報の種類にもよるわけで。
そもそもTwitterを「情報」発信のツールだけとして見てしまうのはナンセンスだと思った。
とはいえ、はっきり言ってリアルで相当親しいレベルや、自分が熱狂的に支持している人のものでない限り、かのサイトでいわれている以外の情報なんてものに興味はないわけで。
そんな寂しいからtwitter使いますフォローしますっていうのは、寂しいから援助交際します。っていう感覚に似てるような印象があって。
それもどうなんだろうなぁと悩んでしまいます。
まぁ好きにすればよろしなんだけど。
それってなかなかプラスになりにくいよね?と(;
まぁ+にする必要なんかないんだろうけどね。マイナスにさえなりゃしなけりゃ。

googlewave。GoogleがTwitter買収をしかけているという報道もあります。
そこから察すると、Googleが余程のサービスを考えない限り、あるいは飲みこまない限り、もしくはTwitterにかつてのMixiのように凄まじく人が流入しない限り、Twitterはそう簡単には廃らないと思うんですよね。
というのも、非常にお手軽簡単であり。
何かを伝える配信する、その上で繋がるという非常にシンプルだけど最強とも言える形があるから。
おまけに、その特性上、Twitterと他サービスが結びついていっている。
まるでTwitterが渦の中心にいる感じを見受けたりします。
Googleが入り込む余地はあるのでしょうか?非常に見ものです。

とはいえ、情報収集にはRSSも優れていること、そのための敷居が高いことは共感するところであり。じゃぁ「はてブ」使えよとか手段は色々あるんだけど、
一つでこれ最強ってものがないのが現状だと思うので、RSS系でGoogleがなにかやらかしてくれる事を強く望んでいるんでます。

ケイレキも・・・どうなるんだろうねぇ。


年々歳々。
何気にこの記事書き途中です。
まぁこんな記事完成させたところで見てる方なんてまずいないんですがw
興味がある方だけお付き合いください。
さて、この時期になると非常にわくわくします。
やはり一番夏が好きなんだなぁと実感。
そして家の中でぐでーっとしてたいという気持ちも反面。(ぉぃ
今から秋葉に行ってきますb(ぇぇぇ
スポンサーサイト
  1. 2009/07/07(火) 02:32:29|
  2. ぼやき
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0