ノックエア@FC2

とあるカラスの邁進記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

こういう未来がいずれくる。

あくまで予測にしか過ぎないんですけどね。



コレに関して、身近にあった事を今日はちょっと書くというか、メモしておきたいと思います。

アイホン用のアプリを考えようというテーマでGDをしました。
厳密なお題は、アイホンと何かをつないで新しいサービスを考えなさいというモノ。
相当イメージベースでもいいということで、とりあえず仮想の機器でもくっつけてOKとのことでした。

はじめ個人で考え、ブレスト。
そして、加速機使った「振る」という機能で、それをリモコンとしてつかえないかという案が、僕とほか一名からでました。

一名のは単なるリモコンでした。それはでるべくしてでる発想でしょう。
そのセミナー参加者の全ての卓で似たような案が出てましたし。

ただ、
僕の目線は、電気のスイッチになるほか、表参道akariumの例のように、そういったアイホンを「振る」動作によって周りの家電に人間の感情を表せるようにしてみる。「つながる」という感覚を共有できないものかという案をプラスしたモノでした。

とりあえずブレストし、出た案は以下のようなモノ。

①リモコンとしての使い方。
②レジなどでクレジットの決済情報がアイホンに流れ、家計簿がつけやすい或いは財産管理がしやすいというもの。
③服に装着することで、アイホンに入れていた情報が服の模様として表示されるということ。

という感じでした。

自分の案は、さきのリモコンのほか、④AR機器とネットを結びつけることで、アイホン内のデータを浮かべられるようなモノがあると便利だよねぇというもの。
人間PCの中身にしろなんにしろ情報量多すぎると把握し着れないじゃないですか、
しかも悪循環でアクティブな人でない限り悪循環で情報が狭まってゆく。
これってすっごいもったいないことで、せっかくソーシャルアイデンティティや他社の存在があるのだからそれを利用してみてはどうかと思ったわけです。
というか、びっくり箱みたいにそういったモノが出てくるのって楽しくありません?w(;
そんな発想のもと考えたんですが、まぁこれは周りが完全についてこれてなかったので没になりました。orz

しかしここで問題が(;

①と②あたりで、個別案件の計二案をうまくまとめられないかという風にしようとしたんですが、

GDの運び方が悪かったのか、
リモコンと意志表示機能は一緒にすべきではないという論議が(;

双方の主張は次のものでした。

リモコンの機能のみでいくべきだ。派:
リモコンだけの機能にした方がターゲット層も用途も明確。実用的にいくべきだ。

対して僕ともう一人の一緒でいいんじゃない?派:
「振る」という動作自体は変わらないのだから、問題ないんじゃないか。
「繋がる」という意味では外れてないのでは?

ここで無駄な時間を過ごしたのが命取りになりました。
GDで論争になることほど無駄な時間はありません。
ビジネス突き詰めてく部分ではまた別なんでしょうが、ここはあくまでアイディアベースで大まかにまとめる方が吉でした。もっとも彼らはあくまでリモコンオンリー、断固として聞き入れてくれる感じではありませんでしたが。。。(;

ここでまた「じゃぁリモコンってそもそもなんなんだろうね?」
「家電って電気だけじゃないよね?」とか会話をうまくほかのロジックに結びつけてゆけば良かったのですが。。。
激しく反省です。

管理という面では、他班で出ましたが
たとえば、冷蔵庫での品質管理が行える。
体にシールチップみたいなのを貼り付けて体調管理などが正常にできたり、
非常時に信号がすぐわかる。いわゆるVineのような発想も出せた。。。

一つの案件に一分ほどの沈黙がでて、もはや皆が難しそうな顔色をしてるときこそそういったアイディアだせないようでは死にますね。。。
ほんと反省です。全体を見渡せるようにならないと。

結局うちの班は最後の最後で発表することになり。
リモコンの機能だけ説明し。
まぁこんな事もできますよと「意思表示機能」の説明をしました。

たとえばこんなのです。

料理屋に行った。
ご飯がおいしくない(;;;
しかしなかなか文句が言えない人もいるかもしれない。
じゃぁどうする?
アイホンを振りましょう。
調理場に料理の評価がとんで、「まずい」といえます。

みたいな。

あるいは、恋人関連とかでも不服なときとか、アイホン振ることでそういったことを伝えられたり。

アクアリウムのように逆に好きとかそういった情報をうまく伝えられる。

といった個人と個人が文章や会話媒体でなく感覚で繋がるということができるかもしれません。
と付け足しの機能として発表しました。

「まずい」のあたりでみんな笑ってくれたのに救われましたよ・・・(;



結果は以上ですが、収穫は大きかったです。。。
ほんと、反省して次にいかそう。


  1. 2009/05/03(日) 02:29:13|
  2. 反省
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<タイトルなし | ホーム | 失ってから気づいて、気づけたら忘れてて。>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://walkingwithsmile.blog96.fc2.com/tb.php/24-2b9f0863
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)